寺田明日香

小学校4年生から陸上競技を始め、小学校5年時・6年時ともに全国小学生陸上で2位。高校1年から本格的にハードルを始め、2005年~2007年(高1~3年時)には全国高校総体(インターハイ)女子100mハードルで3連覇、3年時には100m・4×100mリレーと合わせて3冠を達成した。
高校卒業後の2008年、社会人1年目に初めて出場した日本陸上競技選手権女子100mハードルで優勝すると、以降3連覇を果たした。2009年には世界陸上ベルリン大会に出場、アジア選手権では銀メダルを獲得。同年の世界ジュニアランキング1位にも輝いた。2010年にはアジア大会で5位に入賞した。相次ぐケガで2013年に現役を引退。
その後結婚、出産を経て、「ママさんアスリート」として、2016年夏に7人制ラグビーに競技転向する形で現役復帰。同年12月の日本ラグビーフットボール協会によるトライアウトに合格し、2017年からは日本代表の練習生として活動した。2018年末には再び陸上競技選手に転向し、100mハードル、4×100mリレーで2020年東京オリンピックを目指す。
2019年9月1日の富士北麓ワールドトライアル2019の女子100mハードルで12秒97の日本新記録を樹立。同月から開催される2019世界陸上ドーハ大会の代表に決定した。

この記事に関連するプロフィール